« October 2004 | Main | December 2004 »

November 23, 2004

河合奈保子・SKY PARK

 中期・河合奈保子の方向性を決定することになったアルバム。

Q8Ush0014.jpg

 「SKY PARK」は、初のシンガー志向アルバムであった「あるばむ」の次に発売された(1983.6.1.発売)。「あるばむ」同様(当時はLPレコードなので)A面とB面とで違う作家を起用し、異なるアプローチから歌手「河合奈保子」の魅力を引き出している。A面は作曲を大御所・筒美京平に依頼、作詞は、来生えつこ、秋元康、売野雅勇の三氏で競作の形を取った。B面は「あるばむ」の手法で、石川優子に作詞作曲を全曲依頼している。

 このアルバムについて特筆しなければならないのは、奈保子ちゃんと、売野雅勇氏、石川優子氏との出会いではないだろうか。

 当時、新進気鋭の作詞家であった売野雅勇氏は、中森明菜「少女A」(1982.7.28.発売(*1))で一躍、ヒット作詞家となった。危うい思春期少女の心情を綴ったこの歌は、それまでのアイドル像を一変させ、「明菜伝説」の始まりを告げた。1年後、奈保子ちゃんが20歳を迎えるこの年に売野氏を作詞スタッフに迎えたのは、これまでの奈保子像とは違った切り口を見せたいという、制作陣の意気込みであろうか。
 とはいえ、売野氏にとっても、すでにアイドルイメージが定着している、そして彼の描く少女像とは反対側に位置する、奈保子ちゃんに詞を提供することは、かなりの悩みと冒険であったろう。「SKY PARK」での売野氏の作詞は、A-4 「八月のバレンタイン」1曲であるが、その歌詞世界は「少女A」と比べて、いささか丸い。加えて、筒美京平氏のリズミカルなサウンドに乗せているため、歌詞の角が覆い隠されている感じがある。奈保子ちゃんにどこまで大人の表現をさせるか、おそらく「曲先」であろうから、後で担当する売野氏の「大人度」フリカケの振り方に、制作陣も気を揉んだのではないか。結果的には、キャッチーな名曲が出来上がったわけだが、後から思うと、A-1「ちょっぴりパッショネイト」(来生えつこ作詞)の方が、より刺激的な作品となったのは興味深い点だろう。また売野氏にとっては、同日発売のシングル「エスカレーション」を皮切りに、精力的に河合奈保子作品の作詞に関わっていったことは、周知のとおりである。

 「SKY PARK」のエンディングを飾るのは、石川優子氏の作品「Sky Park」。朝日が昇る直前の、澄み切った空気を切り取ったような、さわやかで、かつ神々しささえ感じるこの歌は、聴くたびに私の背筋をゾクゾクさせる。Web サイト「河合奈保子音楽夜話」(*2)で触れられているが、後期の奈保子ちゃんの制作(特に作曲)活動の源泉のひとつに、この「Sky Park」があったのではないかという指摘は、傾聴に値するだろう。(「河合奈保子音楽夜話」は情報量も多く奈保子ファンにとって貴重なサイトです)。
 このアルバムで、「石川優子」というアーティストと出会うことになるが、彼女の作品であるB面の曲は、ある意味で石川調が強く出ている。奈保子ちゃんのボーカルなのだが、仮歌のイメージが強いのか、B-1 「恋人形」などでは、石川氏の歌いグセを、そのまま歌いこなしているような気がする。それは、奈保子ちゃんにとって、音域や声色において、石川優子調がことのほか歌いやすかった、ということになるのではないか。また、おそらくこの頃(もしくはこれ以前)から、曲の制作にみようみまねで取り組み始めた奈保子ちゃんにとって、シンガーソングライター石川優子氏の作品は、きっとお手本となったのであろう。もし、「石川優子」との出会いがなかったとしたら、奈保子ちゃんの1986年以降における豊穣の作品群は、生まれてこなかったかもしれない。

 「走り去る青春を あなたと見つめたい」 「Sky Park」の一節は、大人になってから思い返すと、じつに心の奥深く、感慨深いものである。

(参考 Web)
*1 http://www.ann.hi-ho.ne.jp/harumoto_itou/an01.html
*2 http://canariya.org/music/main05.xhtm

| | Comments (3) | TrackBack (2)

November 20, 2004

三毛猫みぃちゃん

近所の理容店の美人猫「みぃちゃん」

X6Psh0009.jpg

いつも髪を切ってもらっている理容店には、猫が座ってる。名前は「みぃちゃん」。三毛猫である。待合スペースのテーブルの上がお気に入りの定位置で、外を通りがかると、よくそこに上っているのだ。

みいちゃんの毛並みは、いつもふさふさしてる。理容店の猫だから、よく洗ってもらっているのかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2004

5時まで起きてしまった

  昨日未明から24時間、途中の昼寝を勘案しても、約1日寝ていない。ちょっと体内時計が狂い始めているようだ。 さて、こんな状態で会社にいけるのか? 行っても使いものにならない可能性大であるのだが…。
 サラリーマンは、こんなとき本当にツライよね。そうじゃない?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2004

河合奈保子・Twilight Dream

 隠れた名曲「愛してます」を含む、センチメンタルな雰囲気の1枚。

X6Osh0008.jpg

 「愛してます」を初めて聴いたのは、自分がまだ中学生の頃。地元のFM局でやっていたリクエストランキングで第1位になり、フルコーラスで掛かったときだった。

 以前にセカンドシングル「ヤングボーイ」が、TBS「ザ・ベストテン」にランクインしたのを見ていたので、「河合奈保子」というアイドルがデビューしたことは知っていたが、「ヤングボーイ」のときの印象は、正直いって薄かったように思う。

 けれど、フルコーラスの「愛してます」を聴いて、このアイドルは違うっ!と、直感的に感じたことを、今でも鮮明に覚えている。秘めやかで切ない少女の恋心を、素直な歌声で丁寧に表現してる。同期デビューであった松田聖子の華やかさとは違った、ニュアンスを伝えることの出来る女の子だなと、そのとき思ったのだ。

 このアルバム、「愛してます」を含めて、半数の作詞を手がけた、伊藤アキラ氏の志向もあるのだろうが、アイドルのアルバムとしては異色なほど、憂いを含んだ歌詞にマイナーな曲調が相まって、トータルイメージは決して明るくない。むしろアンニュイである。「愛してます」の次に発表された、4番目のシングル「17才」や「イチゴタルトはお好き?」のように、明るい出だしでも転調してマイナーに移る曲が多くを占める。ここからも、河合奈保子という素材を「歌唱派」アイドルとして捉えていた、当時の制作陣の意図が読み取れるだろう。

 終曲「Twilight Dream」の1フレーズには「季節風のような愛」という表現がある。移ろいゆく幼い愛情の行方に、心揺るがす少女の心情が込められていて、味わい深い。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

5時におきてしまった Part-3

 最近、このタイトルが増えているような気が…。年をとった証拠かしらん。

 大陸からの寒気が関東平野にも流れ込んできているようで、日本気象協会のアメダス関東気温サイトによると、東京都心でも、5時現在で 12度まで下がっているらしい。北国育ちの自分は、これくらいの朝のほうが、ひんやりとして気持ちがいいと感じてしまうが、季節は、秋から初冬に向けて、すこしづつ歩みを進めているようである。

 さて、出勤までどうして過ごそうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

B型で蠍座で…

 今日購入した、スター名鑑2005。

X6Ish0002.jpg

 いささか、(有名)人の顔と名前が一致しない傾向にある自分にとって、名前→顔が引ける「スター名鑑」はありがたい。ぱらぱらとめくって、スターさんの特技などを見て、暇を潰すこともできるし。(顔→名前が引けると更にイイのだけれど、ちょっと難しいよねぇ)。
 あと、倉木麻衣ちゃんと「誕生日」(生年月日にアラズ)と「血液型」が一致していることを発見!! ひとりほくそ笑んでしまったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2004

6度目の車検

 愛車のプリメーラ 2.0Tm (初代 HP-10型) を6度目の車検に出した。(写真は昨年晩秋の奥会津にて撮影)

PB020015.JPG

 数えてみると、平成3年に買ったクルマなので、かれこれ13年乗っていることになる。走行距離は約11万キロだから、もうじき地球を3周できる計算だ。
 それだけ乗っていると、あちらこちらと傷むもので、車検にかかる費用は、車検代と整備費合わせて17万円あまり。だが、エンジン、シャーシともに大きな問題はないとのことなので、もう少し(次の車検までは)乗り続けようと思っている。

 新車に乗り換えるという時期かもしれない。しかし、先立つもののことはともかく、いま新たに買いなおしたいようなクルマが見当たらない、というのが本心である。自分のクルマ自慢になって恐縮なのだが、(初代)プリメーラは、剛性のあるボディにバランスのいいエンジンを載せて、ハイウェイから山岳路まで、舗装している道ならどこでも余裕でこなせる。(さすがにダートは四輪駆動車にまけるのだが…)。つまり13年乗ってみて不自由を感じたことが皆無なクルマなのだ。手放す気持ちが起こらないというものである。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 11, 2004

とれたてホップ

 今日の寝酒 (^^;

R0Osh0016.jpg

 昨年あたりから、季節限定で出している、「とれたてホップ一番搾り」である。
 自分は、ビールは1にホップで2に麦芽、と思っているので、ホップを前面に出した(ほろ苦い)ビールが大好きである。風呂あがりに冷えたヤツを喉に流し込む快感といったら、他に代え難い。他には、キリンのハートランドも好きな銘柄だ。クラシックラガーを出す飲食店が増えたこともありがたい。こうして書き出すと実はキリン党だということに、ちょっと驚くが、先に挙げたビールを呑んでいても、もうちょっとホップが欲しい、と思うときがある。

 たしかに、ライト&スムース&チープというビール(発泡酒)新商品の流れと逆行しているのは否めない。けれど、試しに醸造してはもらえませんかねえ。「痛快!ホップ天国」といえる極め付きのビールを。

 ねえ、キリンさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2004

中島みゆき・悪女

  1981年10月21日発売シングル(CW::笑わせるじゃないか)収録。

 「マリコ」と「私」と「男」の壊れかけた三角関係の風景。曲調は明るいが、そのぶん切ない。

 冒頭、「マリコ」が忙しくて相手になってもらえないという「私」は、時間を潰すためだけに、夜更けの街を放浪する。何故か? ルームシェアか姉妹なのか、ともかく「私」と親しい関係にある「マリコ」に、元彼(かどうか疑問が残るが相当の好意を持っていたという観点から元彼と記す)を、奪われたのではないか。それを「私」は気持ちの中で整理できずに、「夜遊び」を重ねるのではないかと読む。「マリコ」と元彼の逢瀬を間違っても目撃したくないであろうし、(二人に対する)敗北感からの逃避なのかもしれない。朝帰りして、おそらく「マリコ」に吐露する捨て台詞は、勝手に想像するに<昨夜の男はろくでなしだね>。
 捨てられつつある女と元彼の新しい彼女が、親しい関係だったという設定は、「元気ですか」「玲子」(「愛していると云ってくれ」収録)にも見られよう。また、「泥は降りしきる」(「中島みゆき」収録)にある、雨の夜の街を流浪するさまにも、一脈通じるものがあるかもしれない。
 三角関係を扱ったみゆきさんの作品は枚挙に暇がないが、最後に、三角関係の後日談を語る「南三条」(「歌でしか言えない」収録)を、特筆しておきたい。些細でありながらドラマチックな展開は、一般的な「みゆき節」とは異なった聴後感を残すものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2004

5時に起きてしまった Part-2

 東の空に、月と、(明けの明星)金星と、木星が、きれいに並んで、太陽を待っていた。

P1010026.JPG

 11月なのに、外はそんなに寒くないので、いまなら天体観測はオススメなのだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2004

MD壊れる

 通勤のお供にしているポータブルの MD が壊れた。といっても再生は普通にできている。問題なのは、録音機能が使えなくなったことで、そのため新しい CD を MD に落として聴くことができなくなっているのだ。修理に出せばいいのだろうけれど、その間、通勤音楽がなくなってしまうのは寂しい。(もし再生もできないなら即修理の決断がつくんだけどね)。
 いっそのこと、修理に出すついでに MP3 を買ってしまおうか、とも思うのだが、修理から帰ってきた MD と MP3 とで、通勤のお供の座をめぐって、新旧の攻防となるのがみえて、なんか踏み切れないでいるのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2004

河合奈保子・あるばむ

 河合奈保子にとって、アイドルからポップスシンガーに大きく舵を切ることになった、エポックメーキング的な作品。

Q8Tsh0013.jpg

 アルバムの(当時はLPなので)A面の作詞をを竹内まりやに、B面を来生えつこ/来生たかおに、それぞれ曲の制作を依頼した、いわゆるコンセプトアルバムの形態をとっている。彼女はアルバムにおいて、コンセプトを前面に打ち出した作品を多く発表しており、「あるばむ」は、その最初の作品であるといえよう。

 A面B面とも、才ある作家の色合いを強く印象付ける作品群であるが、秀逸なのはB-1にある「浅い夢」である。来生たかおのデビューアルバムに収録された名曲(しかも1曲目)のリメイクであり、奈保子ちゃんも相当気合が入ったものと想像に難くないが、曲調はいたって穏やかであり、原曲の味わいを残しつつも、つややかさを含んでいる。

 A-4 「砂の傷あと」は竹内まりや作詞、林哲司作曲である。青春の苦い 1ページを切り取った、せつない物語を綴っていて、奈保子ちゃんは、ティーンエイジの心情を、積み上げるように歌っている。「もう帰らないのね」 そう、青春の熱い一瞬は、決してもう帰らないのだ。

 全10曲、試聴すれば上質なポップスであることが実感できよう。それは、所詮アイドルだからという、おざなりな作りは微塵も伺えない、まことに丁寧な作品であるからだ。そして、奈保子ちゃんのボーカルが、これらの作品に若々しい華をそえている。

 いまでも、ため息がでます。この「あるばむ」を聴くと。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

November 01, 2004

シュピーゲル号だったっけ?

 妻がヤフオクで仕入れた本。

Q8Rsh0011.jpg

 最初は「トンデモ本」かと思ったが、目次を読む限り、ちゃんとしたサイエンス読み物のようである。

 宇宙ステーションといえば、自分の最初の記憶は「キャプテンウルトラ」だったろうか?「ウルトラ警備隊」だったろうか? ちょっと曖昧なところがあるが、いずれにせよ、昭和40年代の前半から、子供向けのTV特撮やアニメには、宇宙ステーションが必ずといっていいほど、登場した。そして、近い将来(遅くとも自分が親の年になる頃までには)宇宙ステーションに観光旅行ができるものだと、信じていた。

 それから四半世紀以上が過きて、壁面テレビや携帯電話は身近なものになったけれど、宇宙ステーションは、いまでも、相当のコストとリスクを掛けて飛ばなければならない、異境の場所のままである。

 21世紀を生きた証に、いちど地球を眺めてみたいものだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »