« Eternal Ballads に寄せて 第3章 | Main | 河合奈保子・SUMMER HEROINE »

March 06, 2005

Eternal Ballads に寄せて 最終章

img015

女性シンガーの名バラードを集めた「Eternal Ballads」。女性の心模様を浮き上がらせる、最後の4曲を紹介する。

M-12「カボシャール」 田中好子
東京25時。数時間前に出会った男と女が肌を触れ合わせたあとで。
男は思う。女なんてちょろいものさと。その自信が幻想であることに気づかない。
女は思う。男なんて簡単なものさと。化粧としぐさと香りの罠に、男を絡めとっただけと。
男は女の媚薬の虜になったにすぎない。カボシャールは魅惑の香水。その意味は
「強がり」。強気な男こそが、この媚薬におちていくのだ。
大人の一夜をミステリックに表現した作詞「与詞古」(田中好子)の才能が感じられる。

M-13「窓」 桜田淳子
叶わない恋。報われない恋。思いを寄せる彼は、いつも恋人と一緒だ。そして私は
窓越しにそんな二人を見つめている。ああ、静かに燃え上がる恋心を、誰に託せば
いいのだろう。
幸せそうな二人。祝福されている二人。窓越しの二人の姿が次々と目に浮かぶ。
窓。どうして自分は窓の向こうに行けないの?彼の心の窓は私には開けられないの?
思い巡らす度に、記憶に現れる窓越しの二人の影…。
シャンソン調の楽曲が、悲しい片想いの心情を情感豊かに表現して心に染みていく。

M-14「シルエット・ロマンス」 大橋純子
女は恋するほどに美しくなる。だから恋を重ねた大人の女は、必然的に美しくなる。
そしてより美しくなるために、恋をしようとする。目的と結果が倒錯していくのだ。
ゆえに一度恋におちたら、美しくあるために、女は恋に一途になる。
まるで恋の海の中に身を沈め、陶酔するかのように。貪欲なのではない。ただ女性
を輝かせる魔法の重力が、女心を恋の深淵に引き込んでいるのだ。
来生えつこ・たかおコンビの耽美的世界に、艶やかなボーカルが加わり、名曲が
生まれた。

M-15「聖母たちのララバイ」 岩崎宏美
女性が花開くとき、それは恋をしているときと、母として愛を注いでいるときだろう。
特に男性にとって、ときに母性は心を慰め、童心に帰ることが出来る。真の母親は
別格として、恋人であれ妻であれ、男は自分でも気づかないほどに、母性を求めて
いるものだ。甘えられる存在、許してもらえる存在、すべてを委ねられる存在としての
母性。そう、すべての女性がマリアなのだ。
女と男の入り混じった世界に、信じることができるもの。それは、無限のいつくしみに
あふれた母性の姿ではないだろうか。
岩崎宏美の透明なボーカルは、俗世の穢れをさらうように澄みきって、聖母像を見た
思いさえある。女性の恋愛模様を綴ってきた、物語の結末にふさわしい選曲であろう。

|

« Eternal Ballads に寄せて 第3章 | Main | 河合奈保子・SUMMER HEROINE »

Comments

えーと。自己レスです。

「Eternal Ballads に寄せて」が何とか完結までたどり着きました。
最初は軽い気持ちで始めたのですが、聴き込んでいくと自分の中で色んな解釈が出てきて、収拾つかなくなることもありました。また、仕事の関係などで、完結まで時間がかかってしまいました。
ここまで書き切れたのは、MARU 様、うすいのたかし様、お二人の励ましによるものです。ほんとうにありがとうございました。(感謝)

これからも、時間をみつけて、また、奈保子ちゃん、みゆきさんのコレクションから、紹介レビューを書いていこうと思います。
その折には、またよろしくお願いいたします。

Posted by: ひらりん | March 06, 2005 at 11:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57239/3195739

Listed below are links to weblogs that reference Eternal Ballads に寄せて 最終章:

» 『Eternal Ballads』の素敵なストーリー [TEAROOM☆NAOKO -ANNEX-]
ひらりんさんのブログに連載されていた「Eternal Ballads に寄せて」が完結しました。 [Read More]

Tracked on March 06, 2005 at 10:57 PM

« Eternal Ballads に寄せて 第3章 | Main | 河合奈保子・SUMMER HEROINE »