« 河合奈保子・SUMMER HEROINE | Main | 遅ればせながら祝・25年 »

April 01, 2005

中島みゆき・この世に二人だけ

「予感」 (1983年3月5日発売)収録。

「無人島に行くとしたら何を持っていく?」 昔、よく友人と話したフレーズである。ある者は「本」といい、ある男は「女」と言った。では、「無人島に女性と二人だけ漂着したとしたら?」と問うてみる。多くの男は、(ある女性)を理想的な女に置き換えて、こう言うだろう。「そりゃあ、なるようになるものだよ。男と女だもの」。
それでは、と勿体つけて、クラスや職場で孤独がちになっている女性の名前を挙げて、「彼女と二人きりになったらどうする?」と、意地悪な聞き方をしてみる。多くの男が言うだろう。「それだけは勘弁して欲しいよなあ」。悪意のない、しかし趣味の悪い冗談話。

「この世に二人だけ」は、そんなエピソードが語られる歌ではない。共通しているのは、二人きりになった男性の側にとって、「私」は(決して)恋愛対象ではないということ。  「私」は彼を愛してしまっているのに。

彼にはイラストレータと思われる妻がいる。幸せそうな家庭。「私」は自分の情念のために、彼の家庭を壊そうとは考えない。愛妻を含めてこの世の人間が死んだとしても、「私」は彼に選ばれない。そう信じている「私」の希望はただ、彼をより近くに感じたいこと。その儚い希望が、彼の愛妻が書いた絵の載った本を、彼の苗字が活字になっているその本を、他にしかたなく、ためらいがちに、買い求めさせる。
それは心が弾む程のことでもない。むしろ無常感が「私」を包み込む。無人島のような街角の空気の中で。

最初から行き場を失ったままの愛を抱えつつ、投げやりの一歩手前で生きている女性の描写が鮮明だ。

|

« 河合奈保子・SUMMER HEROINE | Main | 遅ればせながら祝・25年 »

Comments

Very nicce!

Posted by: Lefdoogrede | November 30, 2010 at 01:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57239/3523077

Listed below are links to weblogs that reference 中島みゆき・この世に二人だけ:

« 河合奈保子・SUMMER HEROINE | Main | 遅ればせながら祝・25年 »